皆さん冬寒さに対しては普通暖房器具を使用しておられると思います。おそらく冬の間は春や秋に比べて倍以上の電気代を払っている人も多いのではないでしょうか。そこで私が毎年実践している冬の節約術をご紹介します。

まずは衣服。普通寒さをしのぐためにはセーターやカーディガンの上にフリースやコートを着込んだり、厚手のコーデュロイのズボンを履いたりしますよね。外出時はそれで構わないですが、問題は家の中にいる時です。ゴワゴワして動きにくかったり、着込んだ分服の重さが肩や首に負担をかけたりしてしまいます。

そこで私がおススメするのは、アンダーシャツを2枚重ねて着ること。下半身はヒートテックのタイツなどを2枚重ねて履くと全然違います。もちろん、靴下も二枚重ねで。

かつここ数年寒くなると欠かさず着用しているのが、ネックウォーマーと膝丈まであるロングカーディガンです。と言ってもメンズのロングカーディガンはなかなか売っていないので、私はレディースのX Lの商品を愛用しています。

あと、寝る時に敷き毛布と掛け毛布に加えて、大きめのタオルケットを毛布と布団の間に使います。かなりあったかいですよ。

とは言え、実は一番の節約になるのは「風邪をひかない」ことだったりします。その点で私が欠かせないと思うのは加湿器とマスクの組み合わせ、および腸内細菌を整えて免疫力を高める機能を謳っているヨーグルトを毎日食べることです。せっかく電気代を節約しても、風邪やインフルエンザにかかって病院代が何千円もかかったら意味ないですからね。