家計などの節約には必ず出てくる内容に固定費の見直しがあります。固定費とは月々支出がきまっていて変動しないもしくはあまり変わらない費用です。家賃や光熱水道費、スマホやネットなどの通信費や各種保険料などがあります。そういった固定費を見直すには必ず調査が必要になります。

これはものの購入でどこの会社のものが安いとか、ここと契約すれば安いとか一般的なものでなく個別で自分の場合と照らし合わして比較検討する必要があります。例えばスマホで格安の契約プランが出ていますが、人から聞いてこれが安いと思ってプランを変更したり通信会社を乗り換えたりしても自分にあってなかったり、デメリット部分を理解できてなくて困ったりまたそもそも節約のためにしたことが実は変わらなかったり、逆に金額が上がってしまってたりということも十分にあります。

そうならないためにも十分な調査が必要です。でもこの調査というのはわりと面倒だと思います。なかなかこの調べものに重い腰が上がらずにそのままというパターンが多いので私はこれは仕事だと思うようにしてとりくんでいます。

そしていろいろと情報を集めたりしても複数の情報をまとめないと比較することができません。頭の中だけではイメージや印象だけで決めてしまうことになるので紙に書きだしたり、比較表にしたりして工夫することでどれが節約できるかはっきりしてきます。紙に書き出してはっきりしてくれば見直しにもそれが背中を押してくれ行動に移しやすくなります。