世の中の人はだいたいどれくらいの貯蓄を持っているのか、

社会人になりお金の管理を自分でするようになれば一度は考える人が多いのではないかと思います。

一般的に、結婚している人でしたら手取り収入の20%程度を貯蓄するのが一つの目安になっているようです。

夫婦二人暮らしの時は以前貯蓄を収入の25%くらいに設定していたのですが、

赤ちゃんが生まれて色々とお金がかかり、頑張っても23%程しか貯蓄できずに落ち込んでいましたが、どうやら平均よりは少し多いくらいだったようなので安心しました。

でも、ライフステージごとの貯蓄目標を考えると、将来的にはもっと貯蓄しにくくなることは明白なので、できればもっと節約して貯蓄は25%くらいに戻したいと思っています。

また、現在の我が家の貯蓄でかなり気になっていることが、貯蓄額に対する投資額の多さです。

私は安全志向のため元本割れのない貯蓄しかしていないのですが、主人が結婚前から貯金のほとんどを投資に回しています。

結婚前のお金なので、投資に回しているお金は無いものと考えてコツコツ貯金をしていますが、投資額を加味してみると我が家の貯蓄の40%近くが投資に回っていることになります。

これは一般よりかなり多い額と思います。

やはり投資にはリスクはつきものですので、もっと貯蓄を増やしてこのパーセンテージを下げていくことが私の目標です。