消費税が8%から10%と上がる上で、そのままの税を適用すると言った所としてテイクアウトなどの食料品であればそのままの税率など適用されるようです。そうするとイートインよりもテイクアウトを利用するお客さんが当然増えていく事が考えられますし、イートインスペースの利用者は当然の様に減っていきます。

従業員の手間賃として増税されるうえでの考えですが、利用者が減れば当然その分の税収は期待できない状況となります。娯楽や趣味などの嗜好品などは当然の様に増税でありそうなるとやはり購入をあきらめたり色々と考えて購入する必要があります。

まずはこうした中でやはり税金が増えていくのが家計にとって圧迫する上でこれまでの考え方を少しだけ変えてまとめて買ったり節約を行う家庭も増えていく事となります。一番消費の冷え込みが懸念されますが、やはり10%も消費税が上がれば当然車などの高額なものを購入する際にはかなり考えて購入しなければ行けなくなります。

増税前に急いで購入する人も増えていますが、それも賢い選択であり当然上がった税率と2%もの差が出るのも考えて購入する状況となります。そこを踏まえて節約を行っていくと家計も助かります。