当時お付き合いをしていた彼氏と同棲をすることになり、いよいよ将来のために貯金をしなければならない時がきたかと思ったことを今でも覚えております。それまでの私は実家暮らしで、家に数万円入れていたものの、残りのお金は自由に使っていました・・・。

いざ貯金しなければ!となった時にまず彼氏と話し合いをし、2人での貯金を始めることにしました。毎月給料日後、指定した口座にお金を預け入れし、年間で100万円貯金できるよう設定しました。一人だと使ってしまったかもしれないお金でしたが、2人の共有の口座を作ったことで、貯金を崩さず結局今も記念にとキープしております。

また個人的な貯金はそれだけでは不足していると思ったので、SNSで貯金方法について調べ、ideco(確定拠出年金)を始めました。idecoは60歳になるまで引き出すことができず、かつ節税対策にもなるので私にはピッタリでした!自分の給与口座から毎月指定金額が引き落とされ自動的に溜まる仕組みができました。この2点を実施したことで毎月定期的な貯金ができました。

また節約として、クレジットカードを1枚に集約し、無駄な買い物を防ぐようにしました。クレジットカードは便利なようで、未来の収入を使ってしまうことになるので、支払いの時期に苦しむことがありました。なるべく利用を控えるようにしたことで、計画的なお金の使い方ができるようになっていたかと思います。