保温調理法という言葉が知られるようになってきましたが、保温機能のあるマグやポットを活用することで、美味しいものを美味しい温度で食べたり飲んだりできるのです。

熱い温度や、適温が保たれることで、スープは具材にゆっくり火が入ったり、お茶やコーヒーは温めなおす必要もなく、電子レンジの電気代がかからない、ということになっていきます。

紅茶などを入れる時には、昔からティーポットに厚手の”ティーコゼー”と呼ばれるカバーをかけて、温度が下がるのを防ぐという方法が用いられています。

ティーマットや、おそろいのティーコゼーを使うことでオシャレに紅茶を楽しむということで愛好者が大勢いますが、同様にコーヒーでもポットにカバーを使ったり、適したサイズのものがなければ厚手のタオルをかけたり巻いたりしても便利に使えます。

冷めてしまうと”レンチンしちゃえばいい”と思いがちですが、最近のオーブンレンジには即座に使用した電気代が表示されるものもあり、毎日ちょこちょこ使っているとそれなりの金額になるのだということが分かるようになっています。

少しの工夫でコンビニでコーヒーを一杯飲めるくらいの電気代はセーブできるのです。

そして実際にそれはエコに直結します。

試してみてください。