僕は昔浪費癖があって、給料をもらったら、すぐに散財してしまう愚か者であった。しかし、ある日物であふれてしまった部屋の中で、これ以上は買うまいという決意をした。服も着れるだけ着るし、靴も履けるだけ履く。本当に買わないと生活ができなくなるというものだけ買うことにした。

風呂も入らずシャワーだけにし、不要な電気は消した。そうすると自然にお金が溜まるようになった。とくに本はいままで沢山買ってきたので、最寄りの図書館で借りるようにした。今の図書館は便利で、区の全体の図書館から借りることができる。これだけでも、月1万くらい節約できるようになった。

本当に節約しようと心がけると、いざ、大きなお金が必要になったとき、とても役に立つ。またそれを習慣づけるよう努力すると、いままでの世界観が変わって見えるようになった。部屋に物が増えると自然と掃除がしににくくなるし、また整理もしにくくなる。そうするといざ使おうと思うときに、それが奥になってとることができなくて困る。

だから、節約とは清潔につながるところがあるし、節約はスペースを広くできるということに繋がっていく。とくにこういうことは難しい問題でもないので、すぐに実践してみるといい。きっとお金が溜まるようになる。