食費と日用品は、生活するうえで必需品ですので、それを節約することは食事や日用品の品質を下げないといけなくなります。また、品質を保つために同じ製品を購入するために、より安く購入できる場所を探す、買いに行くということは、本来他に利用できる時間を費やしていることになり、全体的にみるとメリットが少なくなります。そのため、私は、できる限り、生活する上での品質QoL(Quality of Life)を下げずにできる節約を行っています。

私が行っている節約は、ポイント等を利用して製品あたりの単価を少しでも低くすることです。最近のスーパーは、ポイントを導入しており、購入金額に合わせてポイントがたまりますので、そのポイントを利用することで安く購入することができます。併せて、多くのスーパーでは、製品を詰めるビニール袋の有料化あるいや利用しない場合のキャッシュバックを導入しているため、自宅からマイバックを必ず持っていくようにしています。

さらに、私が行っているキャッシュバックは、株主優待の活用です。お近くにイオンがあるようでしたら、是非イオンの株を購入することをおススメします。イオンの株を最小単位である100株、現在であればおよそ23万で購入できます。株主優待ですが、100株持っていると買い物金額の3%がキャッシュバックされます。保有株数を増やすことで、このキャッシュバックされる比率が増加します。4人家族である我が家では、1か月の食費と日用品を併せて12万程度ですので、これらすべてをイオンで購入した場合、年間で4.3万程度キャッシュバックされることになります。

大きな額でないように思いますが、普段の生活を変えずに節約になります。また、その他イオンラウンジの利用やイオンシネマで映画が1000円など、その他特典もありますので、100株を購入する余裕があれば、是非試してみてください。