とにかく、節約を実践している人にとって、最初に手を付けることのできる、生活したり生きていくのに必要のないもの、それが衣食住のうち、衣であると言えます。ファッションやブランドなんてもってのほか、普通に着たり、身につけるような服などについても、必要以上にお金をかけることはありません。

がんばれば、年間を通じて服飾費を0円とすることだって可能になってしまうので、とにかく私はこのカテゴリーについては全くといって買わないようにしています。とくに、靴下については、穴が開くまで履くという声を耳にすることがありますが、そんなの序の口です。穴が開いてからが正念場なんです。

最初は、小さな穴ですので、そのまま裁縫道具である針と糸で手縫いして、また復活させます。でも、その穴がだんだんとまた大きくなっていき、仕舞いには、布がなくなっていきます。そうすれば、100円ショップの補修シートの出番となります。それらを駆使して、また復活させます。

それでも、また違った場所や周辺の部分に穴が出来ていきます。最後は、もうこれ以上の継ぎ接ぎは不可能だと判断できるとき、最後の工夫をします。それは、穴が開いていることが気にならなければいいので、穴の開いた部分を足の甲の部分に持ってきて履くようにするのです。

そうすると、足の裏に違和感を感じず、引き続き履くことができるのです。もちろん、外出するときには、穴がバレてしまいますので、ブーツやハイカットスニーカーを履くか、家にいるときだけ履くようにしています。