肌なじみがよく、どんな色とも愛称がよさそうなベージュは、とても便利な色ですよね。

ベージュの服や靴は、だれもが一つは持っているのではないでしょうか。

でも、そんな便利なベージュにも、注意したいNGコーディネートがあります。

そこで、ベージュで失敗しないポイントを押さえておきましょう。

まず、ベージュのパンツに黒のパンプスです。

一見問題なさそうですが、この組み合わせはおばさんに見られがちですので、この色の組み合わせをするならば、パンツをくるぶし丈にするなど、若々しい印象になるよう工夫が必要です。

ベージュのワンピースも注意点があります。

ベージュのワンピースは肌の色と同化しがちなので、全体にぼやけた印象になったり、ヌーディーに見えてしまったりします。

そのため、ベージュのワンピースを着たら、アクセントをつけることをお忘れなく。

靴やネックレスやベルトに別の色を持ってくることで、ぼやけた印象を払拭できます。

ベージュのインナーにベージュのカーディガンも避けたいところです。

おばさんスタイルに見える上に、ヌーディーに見えるからです。

ベージュのカーディガンのインナーには、はっきりした色の花柄やボーダーなどを持ってきましょう。

ベージュは着回しが利く色なので、上手に着こなせば、もっとおしゃれに見せてくれますよ。