冬は何かと電気代、ガス代がかさみます。エアコンで暖房をつけるとなかなか消せませんし、冬の水が冷たい分、給湯器でお湯を沸かすには、夏のガス代よりはるかに料金がかかります

まずは、エアコンの暖房です。まったく付けないとなると底冷えして体に悪いですので我慢はしません。ただ、つけっぱなしですと何物変わりませんので、そこで!湯たんぽの登場です!

ストーブのあるご家庭でしたら、ストーブの上にやかんを置いて、お湯を沸かしながら加湿器替りに出来ます。沸騰したら湯たんぽにお湯を入れて、綿や化学繊維の湯たんぽ袋に入れておきます。家事など動いている場合は難しいですが、座り仕事をする場合に湯たんぽを足の下に置いたり、膝の上に置いたり、おなかや背中にくっつけると、とても暖かく体の芯からぽかぽかしてきます。そうするとエアコンの設定温度は、だいたい4~5度程下がります。就寝時でしたら、湯たんぽがあればエアコンは必要ありません!就寝時のエアコンを付けないだけでも電気代は安くなるはずです。日々の積み重ねが大切です。

朝、起きると。湯たんぽはぬるくなっていると思いますので、ぬるま湯をもう1度温めて、洗濯に使用しても良いですし、もう1度湯たんぽに入れても良いです。真冬の冷たい水を、給湯器ややかんで暖めるには時間もお金もかかります。

冷たくなっていたら、植木のお水やりに使用しても良いですし。とにかく、捨てずに繰り返し、使用します!こたつの中に入れておくと、こたつのスイッチを入れなくても、ほんわりと暖かくなりますよ。こたつ特有の汗をかかなくても良いですし、眠気も少なくなりますので、座り仕事にはもってこいです。

水道、ガス、電気代は冬の大敵。湯たんぽを使用する事で無理なく、ほんのり節約しています。日々の積み重ねで少しずつ。頑張らない節約が、長続きする秘訣だと思います。