冬は寒さ対策で様々な暖房器具を使いますよね。一番安いのは灯油ストーブだと思います。電気ストーブはすぐ温まりますが、恐ろしい位電気を使うので使用はお勧めしません。

しかし私のように、暖房器具が部屋に備え付けのエアコンしか使えない物件というのもあります。寒冷地以外には多い物件です。そこで私が行っている節約術とちょっとおまけテクニックを紹介します。

まずエアコンっていつ一番電力を使うのかというと、外気に比べ設定温度まで部屋を暖かくするときに一番電力を使います。設定温度を高くすれば、温まり、また冷えての繰り返しで電気量が跳ね上がります。その為、設定温度は18度前後をお勧めします。

そして風向きですが、必ず下に向けてください。暖かい空気は上にたまります。だから下から温めていくのです。設定も自動です。

しかしそこで発生するのが足元の冷えですよね。靴下二枚履きは簡単に出来ますが、それでも寒い方にお勧めなのがコルクボードです。フローリングって意外と暖かさを逃がしますが、コルクボードには断熱作用があるので、熱が逃げにくくなるのです。

台所やデスク前などよくいる場所にはコルクボードを敷きましょう。また冬だからこそ部屋干しをお勧めします。乾燥するからと除湿器を使うのはもったいないです。

こぼれない程度に湿らせたタオルを一枚干せば十分な保湿が出来ます。ぜひお試しください。